So-net無料ブログ作成
検索選択

【バレる!】身内・家族・社員の借金を見つける方法 [借金 ばれる 隠し カード]

身内・家族・社員の借金を見つけるには?

“どこから借りているか?”は、別として

まずは、借金している可能性を洗い出す、見つける方法から。

預金通帳
 ⇒見慣れない“個人名”での引き落としされている。振込先に見慣れない“個人名”がある。

●電話
 ⇒会社へ“個人名”でしょっちゅう掛かってくる。(社名は聞いても教えてくれない)

●言動
 ⇒急に“親や実家が経済的に苦しくなったので、仕送りを始めたいので
  給与を上げて欲しい”と、上司に掛け合ってくる。

 ⇒これまで、副業や兼業、独立起業などに興味がなかったのに、
  急にアルバイトを始めよう、とか言い出す。

 ⇒“貧すれば鈍す”の言葉の通り、考え方が卑屈になってきている。

●郵便物
 ⇒差出人が、“金融機関名”だったら分かりやすいが、見慣れない“個人名”や“よく分からない社名”からの郵便物が届く。



nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(114) 
共通テーマ:恋愛・結婚

他に多重債務を解決したい方はいませんか? [債務整理 自己破産 連帯保証人]



内容(「BOOKデータベースより)
多彩なメニューをどう選択するか、230万人の多重債務者へ。解決の道は必ずある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宇都宮 健児
1946年愛媛県に生まれる。1969年東京大学法学部を中退、司法研修所入所。1971年弁護士登録、東京弁護士会所属。以後、日弁連消費者問題対策委員会委員長、日弁連上限金利引き下げ実現本部本部長代行、東京弁護士会副会長、豊田商事破産事件破産管財人常置代理人、KKC事件・オレンジ共済事件被害対策弁護団団長などを歴任。現在、内閣に設置された多重債務者対策本部有識者会議委員、日弁連多重債務対策本部本部長代行、全国クレジットサラ金問題対策協議会副代表幹事、高金利引き下げ・多重債務対策全国連絡会代表幹事、全国ヤミ金融対策会議代表幹事、地下鉄サリン事件被害対策弁護団団長、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、八葉物流事件被害対策弁護団団長、反貧困ネットワーク代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

ブラックリストの現実 [ブラックリスト 債務整理 事業再生]



出版社 / 著者からの内容紹介
現役のブラックだから書けた唯一の研究書!!

「図解・借りたカネは返すな」の著者、事業再生コンサルタント・吉田猫次郎氏の最新刊は、日本初の「金融ブラックリスト研究書」。
本物の「ブラックリスト」まで公開し、その謎に迫った日本で唯一の本。新常識として知っておきたい必読の一冊です。

内容(「BOOKデータベースより)
現役のブラックである猫次郎氏だから書けたブラックの全真相。
nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

フリーターが借金を返済するだけの人生から脱出! [借金返済 完済 フリーター 債務整理]



内容紹介
国家的金融危機に陥る日本の現状。
そんな大きな波とは無縁かに思える年収240万のフリーターの生活。

それが一転!生きることへの「夢」とか「希望」とか、そんな言葉が別世界の事柄に感じられる地獄の底......1億2千万円もの借金を背負ってしまった!!

誰にも相談できない、自己破産もできない、この先、借金を返済するだけの人生。
結婚したり、家を持ったりなどという「人並みの幸せ」を求める可能性をすべて奪い去られても、自殺さえできない。

親元を離れて、田舎から東京に出てきたのは「ひと山当ててやる」ためだった。
しかし気がつけば、八方塞がりの現実。
整理不可能なまでに金利で膨れあがる借金。
自宅、職場はもちろん、親、兄弟、妻、妻の実家にまで及ぶ取り立て。

それでもなんとか逃れたとしても、商事消滅時効直前に届く内容証明。

この地獄から脱出する方法はないのか、
どうすれば問題を解決できるのか......?

底なし沼の底で見つけた、起死回生の法則とは?

今は借金を完済し、経営者となった著者が、借金の苦しみから得た気づきを基に、
自らの体験を綴って示す奇跡の生還記!

内容(「BOOKデータベースより)
生きることへの「夢」とか「希望」とか、そんな言葉が別世界の事柄に感じられるくらい、「人並みのしあわせ」を求める可能性をすべて奪い去ってしまう、膨れ続ける借金という巨大な壁…。自己破産すらできない本当の地獄の底からどう這い上がるか。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【返済が追いつかない】借金が膨らんだらすること [ヤミ金 多重債務 ブラックリスト 融資]



出版社/著者からの内容紹介
借金がゼロになる! サラ金・消費者金融からお金が返ってくる!
このページを開いていただきありがとうございます。
あなたにとって有力な情報をお伝えしたいと思います。
これまで多くの借金をしている人が思い込んでいた「間違った3つの常識」
を変えることができるはずです。

その1つ目が「借金をゼロにすることができる」ということです。
そしてそれは一つの方法として、国により「合法的」と認められているのです。
それも「誰でも」「簡単に」できるのです。
だから夜逃げを考えたり、自殺を考えたりする必要は全くありません。
本書では、その方法「借金整理」について詳しく説明してあります。

次に2つ目を紹介します。

■借りた金は返さなくていい!

「借りたものは返せ」
子供の頃、親や先生からそんなことを言われたことがあるのではないでしょう
か?
借りたものを返すのは常識です。それはお金の場合も同じです。
しかし、実際「返すものがなければ返せない」のです。

これも子供の頃のセリフのようですが、真実です。
返せないのが「悪」であれば、相手は返せないあなたを法的に訴えているはず。
しかし、
「お金を返せないだって? 訴えてやる!」
なんてことは当然できません。
つまり、「返すものがないから返せない」という理屈は正当なものなのです。

次に3つ目を紹介します。

■貸金業者からお金が戻ってくる!

3つ目は、今まで借金を払い続けていた人に朗報です。
サラ金・消費者金融などから払いすぎたお金が戻ってきます!
「なんで払い過ぎなんて起こるんだ?」
と思った方は、あなたなら知っているはず「グレーゾーン」そのカラクリによっ
て生まれるのです。
グレーゾーンのカラクリについては本書で学んでください。
7年以上返済を続けているなら、過払い金が発生している可能性が高いので、ぜ
ひ一度調べてみてください。
過払い金が見つかれば、当然ですが「必ず勝てます」!
実際に大手消費者金融業者から、数百万単位でお金を取り返している人は大勢い
ます。だから今話題になっているのです。
あなたも「払い損」をしている可能性があります。つまり数百万円の「もらい
損」をしている可能性があるということです。
これを調べておいて損はないはずです!

■本書なら「借金整理」も「過払い金請求」にも使える!~サンプル資料・相談
所資料付き~

本書ではもちろん「借金整理(任意整理・特定調停・個人民事再生・自己破産
の手続き」も「過払い金請求の手続き」方法も紹介されています。
新しい人生をスタートさせるには、本書一冊で十分です。
書類も自分で書けるようにいくつかサンプル資料も付けてあります。もし自分
一人でできなければ、すぐに相談できるように「全国弁護士会の連絡先」がつい
ています。また弁護士費用を払う不安がある人はそのための機関の連絡先も載っ
てあるので参照してください。

■本書でできること
・取り立てをすぐに止められる!
・借金を大きく減額・ゼロできる!
・法律が変わったため、業者からお金が返ってくる!

・借金整理の手続きがわかる
・過払い金請求の手続きがわかる
・書類の書き方がわかる
・貸金業者、弁護士の扱い方がわかる
・弁護士費用がいくらかかるかわかる

・任意整理や破産での裏技!
・借金からあなたの不動産を守れる!
・誰でも簡単に使える!

■目次
はじめに
プロローグ 【借金整理】
      彼らはこうして借金を帳消しにした!
第1章    【返済が追いつかない】
      借金が膨らんだらすること
第2章    【借金整理法】
      あなたに合った整理法が見つかる!~任意整理・特定調停・民事再生・破産~
第3章    【整理法と専門家の選び方】
      整理方法は何を選べばいいか? 誰に相談すればいいか?
第4章    【過払い金】
      必ず勝てる! 過払い金は取り戻せ!
第5章    【破産と民事再生の手続き&詳細】
      これで簡単! 破産・民事再生の手続き
第6章    【借金整理と不動産】
      あなたの家を守る方法を紹介します!
第7章   【Q&A】
      迷ったらここを引け! 借金整理のQ&A
おわりに  【再起】人生の再起に向けて...

<プロフィール>

加藤 英男(かとう・ひでお)

弁護士。加藤英男法律事務所代表。
平成7年愛知県弁護士会登録。
離婚、債権回収、サラ金破産、住宅ローン破産、個人再生などの個人事件のほ
か、会社の法律問題、民事再生などにも関心を持つ。
著書に『一番わかる離婚の本』(フォレスト出版)、共著で『増資・株式発行
と新株予約権の実務-法務・登記・会計・税務-』『資本・法定準備金減少と自己
株取得等の実務-法務・登記・会計・税務-』(いずれも栄税理士法人編集、新
日本法規出版)がある。

内容(「BOOK」データベースより)
誰にも迷惑をかけない「借金整理」と、知って得する「過払い金請求」。



nice!(0)  コメント(61)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

総量規制実施、今現在すでに「年収の1/3超、総額100万以上」借入があると? [キャッシング 審査 ローン 融資]

(※正確な情報は、ご契約されている金融機関、貸金業者にご確認下さい)

今現在、すでに「年収の1/3超、総額100万以上」借入があると
総量規制実施により、残金一括返済させられるか心配の方、多いようです。

原則、新規の新たな借り入れはできなくなりますが、
既存の契約は対象になりません

また、総量規制は多重債務を防ぐ目的で実施されますが、その対象となるのは
クレジットカード会社、消費者金融業者、信販会社 などであり、銀行は対象外です。

これは余談ですが、あくまで「実際に借りている借金のみ」が、融資規制対象です。
『カードを持つだけで、借金した事になる』『カードの与信枠=借金額となる』
与信枠を上げようが下げようが、実際のローン申込には“一切関係ありません”ので
心配する必要はありません。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(136) 
共通テーマ:マネー

【融資審査】経験豊富な担当者が見ているポイントとは [融資担当者 審査 チェック ポイント]



出版社 / 著者からの内容紹介
あまり教えてもらえない、しかし、とても重要な50の事柄

◆「融資にちょっと慣れてきたかな……」という担当者にとっておきの「達人の教え」を伝授し
ます。
◆経験を積んだ融資担当者が「大丈夫だろう」と思ってなおざりにしがちなこと、それは実はと
ても重要なことだったり、大きな事故につながりかねないことだったりします。そして、その理
由はあまり教えてもらえません。本書で「達人の極意」を身につけましょう。
◆初めて融資する時に感じた緊張は解けた、手続もスムーズに進められるようになってきた、こ
れからは融資残高増強にまい進するのみ……。そんな担当者に是非ご一読いただきたい書籍です。
◆研修やグループ学習にも最適の1冊。

内容(「BOOKデータベースより)
「融資にちょっと慣れてきたかな」という担当者に伝授する「達人の教え」。「あまり教えてもらえない、しかし、とても重要な50の事柄」を、達人がやさしく解説。「目からウロコ」の金言集。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(6) 
共通テーマ:マネー

奨学金滞納者へ 差し押さえなど強制執行 [奨学金滞納 支払い 督促 訴訟 急増]

奨学金滞納に法的措置強化、訴訟急増4233件(読売新聞より)

 巨額の滞納が問題となっている奨学金の「貸し倒れ」を防ぐため、学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会、横浜市)が法的措置を強化している。

 昨年度、奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2・8倍の計4233件に急増した。機構設立当初の2004年度と比較すれば70倍超の件数となる。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としている。

 昨年度の滞納額は、約33万6000人分の797億円と要返還額の約2割を占める。機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1000人おり、債務総額は2629億円に上る。5年間で2万8000人、842億円増加した。

 機構は従来、1年以上の滞納者の一部のみ簡易裁判所へ支払い督促を申し立てていた。督促に応じない滞納者が異議申し立てもしなければ、差し押さえなどの強制執行が可能になるが、異議を申し立てれば、訴訟に移行する。訴訟になったケースは04年度は58件だったが、08年度は1504件まで増えた。

 奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は06年12月、回収率を向上させるよう求め、08年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増した。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始める。

 機構は「訴訟にまで至るのは、返還に関する手続きを放置している場合が多い。様々な対応をとることができるので、連絡してきてほしい」と説明する。

実質年率5.8%~13.0%の借換え専用

ご融資どっとこむ

nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(44) 
共通テーマ:学校

生活保護の申請を緩和、東日本大震災の影響で [生活保護 申請 緩和 東日本大震災]

東日本大震災:生活保護の申請緩和 自宅の被害なくても (毎日jpより)

 東日本大震災の被災者の生活保護について厚生労働省は、自宅などが被害を受けていない場合も申請を受け付けるよう自治体に通知した。通常は資産があれば処分するよう自治体が申請者に指導するが、福島第1原発の事故で持ち家を残して避難せざるを得ない人が多数いることなどに配慮した。こうした通知は初めてだが、避難先で車などの処分を求められ、申請をあきらめた被災者も出ている。

 生活保護の認定では資産や収入が調査され自宅や車があれば処分するよう指導される場合が多い。だが、今回の震災では原発事故で多数の人が自宅を残して避難。沿岸部では津波被害で形状把握や資産評価が困難な土地も多いとみられる。このため厚労省は、避難者が残してきた資産を処分できない資産とみなすこととした。申請時には将来処分してもらう可能性も説明することなどを自治体に求め、3月17日と29日に通知した。

 ところが、毎日新聞の電話取材に応じた福島県いわき市の30代の男性は、避難先のさいたま市の福祉事務所で3月28日、車の処分が必要と言われ「その時点であきらめた」という。男性は沿岸部の自宅が全壊し、妻や小中学生の子供3人と車で避難。職場も操業不能で、弁護士に付き添われ保護を申請したが、担当者から「避難所なら寝るスペースはあり食事もできる。保護費をどう計算するか難しい」と言われたという。

 男性は子供の学校再開に合わせていったんいわき市に戻ったが、住居を確保できず、市の用意した宿泊施設の入居抽選に申し込み、今週末から結果が出る今月半ばまで再び一家でさいたま市の避難所で過ごす予定。抽選に外れればいわき市内で自前でアパートを探すという。「地震までごく普通に生活しており、通常の保護のケースとは違うはず」と話す。厚労省は「被災者にとって車は一時帰宅などで不可欠な場合がある。自治体は状況に応じ柔軟に判断してほしい」と話している。
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:マネー








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。